【4年縛り】au、アップグレードプログラムEXを見直し

4年縛りとは、端末を4年(48回)の割賦払いとしたうえで一定期間の経過後、新端末に機種変更すると最大2年(24回)分の残債を免除するプログラムのこと。KDDIは「アップグレードプログラムEX」などの名称で提供し、同プログラムへの再加入を残債免除の条件としているため、ユーザーの拘束性が高いとして公正取引委員会が問題視していた。


KDDIが4年縛りを見直しへ、ソフトバンクも検討中 | 日経 xTECH(クロステック)
解約率への影響について高橋社長は「大きくなるとは想定していない」としつつ、ユーザー動向を見ながら対応したいとコメントした。


au、2年縛り/4年縛りの条件を見直し – ケータイ Watch


アップグレードプログラムEX/EX(a) au

KDDI高橋誠社長が、公正取引委員会から問題視されていた「4年縛り」「2年縛り」の見直しを表明しました。


4年縛りのアップグレードプログラムEXの特典(機種代残額免除)を利用するには、機種変更後にもう一度アップグレードプログラムEXに加入しなければなりませんでしたが、これを撤廃へ。アップグレードプログラムEX(a)や過去の契約についてもこの条件の見直しを検討。対応時期は、現時点で未定。


アップグレードプログラムEX特典利用のもう一つの条件である、これまで使っていた機種の下取り回収については、「公正取引委員会とも議論しながら検討」「現時点で確定的なことは言えない」との事。


また2年縛り(2年契約を条件に割引)の方も見直し。これまでの25ヶ月目と26ヶ月目に加えて、24ヶ月目でも契約解除料9500円がかからないように。対応時期は2019年春頃との事です(遅っ)。


アップグレードプログラムEX/EX(a) | au 従来の「アップグレードプ・・・