【ドコモ光パック】auスマートバリューと比べて優位性は?→加藤薫社長「簡単には言えない」

docomo-hikari
固定と携帯のセット割はKDDIが「auスマートバリュー」で先行している。ドコモ光の優位性を問われた加藤社長は「簡単には言えない」と悩みつつ、「パケットを家族で分け合え、シェアパックのデータ量が大きいほど割引率が大きくなる。長く使ってもらうとさらに割引が受けられる。ドコモを家族で長く使っていただくとさらにお得という構造」が特徴だと話す。


「安さだけでは訴求しない」――「ドコモ光」の狙い “キャッシュバック合戦”には終止符 (2/2) – ITmedia ニュース
「ドコモ光パック」は、モバイル回線のパケットパックとドコモ光とのセット契約により、料金が割引となるサービス。毎月の割引額は、「シェアパック30」が3200円、「シェアパック20」が2500円、「シェアパック15」が1800円、「シェアパック10」が1200円、「データLパック」が1000円、「データMパック」が800円。


NTTドコモ、光固定回線サービス「ドコモ光」を3月1日提供開始、戸建向けは月額5000円から -INTERNET Watch
docomo-hikari-1501
「ドコモ光パック」は、「ドコモ光」のご利用料金と「カケホーダイ&パケあえる」における「パケットパック」を組み合わせることで、「ドコモ光」とスマートフォン・携帯電話をまとめておトクにご利用いただけるものです。「ドコモ光パック」は、スマートフォン・携帯電話でご利用いただくデータ通信量に応じた複数のプランを用意しており、ご利用可能なデータ通信量が多いプランほどおトクにご利用いただけます。


報道発表資料 : 「ドコモ光」および「ドコモ光パック」を提供開始 | お知らせ | NTTドコモ
docomo-hikari-start

docomo-hikari-1501b

docomo-hikari-1501c

ドコモ光 | NTTドコモ
「カケホーダイ&パケあえる」・「ドコモ光」かんたんシミュレーション | NTTドコモ
Check
  • ドコモが光回線と携帯・スマホのセット割引「ドコモ光パック」を発表。最大で3200円割引(戸建・家族でシェア)。
  • 一人向けは最大で月1000円割引。マンション・ISP料金一体型タイプA・2年契約の場合、光データSパック(2GB/月)が月額7500円(期間限定で7000円)、光データMパック(5GB/月)が月額8200円、光データLパック(8GB/月)は月額9700円。
  • 旧料金プランや「光データSパック」「光らくらくパック」の割引は期間限定。最大12か月間500円割引。受付は2015年8月31日まで。
  • 「光スマホ割」を提供。新規・MNPでドコモのスマホ・タブレットを購入し「光シェアパック」を契約すると、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」は月1350円、データプラン(スマホ/タブ)」は月350円を、最大12か月間割引。2016年3月31日まで。
  • 事前受付は2月16日、サービススタートは3月1日から。