KDDI田中孝司社長、auスマートバリュー料金引き下げを示唆

ドコモ光パックに対抗。
docomo-hikari
NTTグループが2月中の提供開始を予定している光サービス卸売りについて、KDDIの田中孝司社長はフジサンケイビジネスアイのインタビューに応じ、NTTドコモが提供する「ドコモ光」に対抗して料金を引き下げる方向で検討していることが12日までに分かった。


KDDI、料金引き下げで「ドコモ光」に対抗 一部店舗の事前告知を問題視 – SankeiBiz
総務省がNTT光卸売りで指針案 KDDI社長、対抗プラン示唆 – 産経ニュース
「ドコモ光パック」の料金は、新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」のシェアパックが上位プランになるほどお得になる模様。


2015年2月「ドコモ光パック」で、auスマートバリューに対抗 | auとかデジ
Check
  • 光回線とスマートフォンのセット割引はKDDIが先行。一律最大で月1480円を割り引く。2012年3月からスタートし光サービスのシェアは3%上昇。
  • 総務省と自民党情報通信戦略調査会はガイドラインを作りNTTのセット割「ドコモ光パック」を認める方針。他の通信業者と開始を合わせる場合は遅れる可能性もあるが、早ければ2月下旬にも開始。
  • 田中社長は引き続きNTTの光サービス卸売りを批判。また一部ドコモショップで行われている「ドコモ光2015年2月スタート!」という事前告知を問題視。
  • 又「ドコモの料金設定を見極めたうえで」としながらもドコモ光への対抗料金プランを示唆。