au、東海道五十三次をたどれるシニア向けスマートフォン「ベイシオ KYV32(京セラ)」発表

au-kyocera-BASIO-KYV32
KDDI、沖縄セルラーは、スマートフォンが初めてのお客さまでも安心してお使いいただける、約5.0インチのフルHDディスプレイを搭載したau初のシニア向けスマートフォン「BASIO」を2015年2月中旬より、発売します。


au初のシニア向けスマートフォン「BASIO」 | 2015年 | KDDI株式会社
BASIOを購入した55歳以上のユーザーは、月額4280円(月間0.7GB)の専用プラン「シニアプラン(V)」を選択できる。auスマートバリューも適用可能で、家族間で通信量を譲渡する「データギフト」も可能。


BASIOを購入した55歳以上のユーザーは、月額4280円(月間0.7GB)の専用プラン「シニアプラン(V)」を選択できる。auスマートバリューも適用可能で、家族間で通信量を譲渡する「データギフト」も可能。
初心者に安心のシンプルUIと物理キー搭載――au初のシニアスマホ「BASIO KYV32」 – ITmedia Mobile
au-kyocera-BASIO-KYV32b

au-kyocera-BASIO-KYV32c

BASIO | 京セラ
OSAndroid 4.4
Battery3000mAh
MemoryROM 2Gバイト / RAM 1Gバイト
Display約5.0インチ TFT/FHD
CPUQualcomm Snapdragon MSM8974AB (2.3GHzクアッドコア)
Cameraメイン1300万画素 / フロント97万画素

Check
  • シンプルで扱いやすい、au初となるシニア向けスマートフォン。
  • 電話やメール専用の光るハードキーを正面にわかりやすく配置。サイドには起動・シャッターボタンとして使える専用のカメラボタンを配置。
  • 高音質のau VoLTE対応とスマートソニックレシーバーや「聞こえ調整」「ゆっくり通話」機能搭載で、聞き取りやすいクリアな通話が可能。
  • 東海道五十三次を辿っていく歩数計機能を搭載。歌川広重の浮世絵や歩数・残り距離などをスタート画面で表示。
  • 防水・防塵・耐衝撃、Google Playストア、VoLTE、キャリアアグリゲーション、WiMAX2+、ワンセグ、赤外線に対応。フルセグ、おサイフは非対応。