【2020年】モバイルSuica、ケータイ全機種やAndroid一部スマホでサービス終了

モバイルSuicaは2020年2月以降、以下のとおり一部サービス内容の変更と一部機種でのサービス提供の終了を予定しております。

1 年会費の無料化(2020年2月26日以降)
2 一部機種でのサービス終了(2020年2月25日または12月22日)
3 モバイルSuica特急券のサービス終了(2019年度末)














JR東日本:モバイルSuica>モバイルSuica一部サービスの変更および終了について

モバイルSuicaサービスの内容変更が案内されています。



先ずは、年会費が無料に。これまでは、ケータイやAndroidスマホ利用で、ビューカード以外のクレジットカードを登録している場合、年1030円(税込)かかっていましたが、サービス向上を目的に2020年2月26日以降は無料に(iPhoneでの利用も、これまで同様無料)。



ケータイ(全機種)と一部Androidスマホでの、ログインを伴うサービスが終了に。終了時期は、ケータイが2020年2月25日または2020年12月22日(機種により異なる)。一部Androidスマホは、2020年12月22日に終了予定。さらに2021年3月以降になると、Android OS4.4の機種は全て利用できなくなる見込み。



新しい新幹線IC乗車サービス開始にあわせて、モバイルSuica特急券(モバトク/スーパーモバトク)はサービス終了へ。新サービススタート時期は2019年度末の予定で、詳細は決まり次第お知らせ、との事です。