【+メッセージ】ドコモ・au・SoftBankが協力したSMS進化の新サービス






SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | KDDI
報道発表資料 : SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | NTTドコモ
SMSの機能を進化させた新サービス「+メッセージ」を提供開始 | ソフトバンク
3社は同日、都内で共同会見を開き、報道陣からの質問に答えた。キャリアの広報担当者は「われわれが横並びで会見するのは過去にほとんど例がない」と口をそろえる。各社は“異例”の共同会見で何を語ったのか。


「+メッセージ」なぜ開発? 3大キャリアが異例の共同会見 (1/4) – ITmedia ビジネスオンライン


+メッセージ(プラスメッセージ) | au
SMS(Cメール) | au
キャリア3社が新サービス「+メッセージ(プラスメッセージ)」を、発表しました。


携帯電話番号だけでやりとりできるSMS(ショートメッセージサービス)が進化。


従来のSMSは最大全角70文字でしたが、最大全角2730文字まで対応。さらに写真・動画、スタンプ(無料で500種類用意)、グループメッセージ、音声メッセージ、地図情報の送受信や既読表示も可能に。


料金は、これまでは通数課金でしたが、パケット通信料金制に。


対象は、ドコモ・au・SoftBankの、Android4.4以上搭載のスマートフォン・タブレットユーザー。iPhoneとiPadは準備ができ次第提供。4G LTEケータイ(ガラホ)は、今後発売される機種で導入予定(auの場合・他キャリア不明)。


2018年5月9日からスタート。将来的には、MVNOとの連携、海外接続、有料スタンプ販売も検討していくとの事です。