辻村清行ドコモ副社長「iPhoneを発売する予定はない」。

「iPhoneのiモード搭載にこだわりはない」←Mobile World Congress 2008。

iPhoneの販売について、辻村清行代表取締役副社長が回答。「アップルが発売しているiPhoneやiPadは、世界的に売れており、ユーザーインターフェイスに優れた端末だと認識している」と前置きしながらも、「NTTドコモは、iPhoneを発売する予定はない」と断言した。



 その理由として辻村副社長は、「ドコモには、約5000万人のiモード利用者がいるが、おサイフケータイ、iチャネル、iコンシェルといった機能をスマートフォンでも利用したいというユーザーが多い。ドコモにとって、いかにこれを広げていくかが大事である。しかしアップルの場合は、この機能を加えることができない。一方で、Androidを搭載したスマートフォンは、既存のiモードサービスを乗せることができる。5000万人のiモードユーザーが、気持ちよくスマートフォンを使っていただくために、ドコモはAndroidをベースにやっていく」と語った。



*NTTドコモ、株主総会で「iPhoneの発売はない」と断言 – ケータイ Watch





*iPhone断念問題 ドコモ辻村副社長「”現時点”という言葉が抜けていました(笑)」 @iskw226 – 2ちゃんねるニュースww





*【速報】NTTドコモが「iPhoneの提供は考えていない」と正式に回答 – GIGAZINE


辻村氏 iPhoneはiPhoneです。iモードが載せられないことはまったく問題にはなりません。iモードの搭載についてはこだわりはありません。



Mobile World Congress 2008:「iPhoneのiモード搭載にこだわりはない」──ドコモ 辻村清行氏 – ITmedia


ホテルニューオータニ東京で開かれた2011年の定時株主総会においては否定。とりあえず事態は流動するのですし、株価対策的にも「優れたものに対しては、いつでもトライしているのがドコモ」なんて一瞬頼もしいぼかし方で良いと思うのですが…株主さんへの回答なら尚更。



もしくは馬鹿正直に、「好配当維持の為にはリスクありそうな決断はできません」とか(笑)…。