【WindowsPhone IS12T発売】au田中孝司社長「ジワジワ気持ちよくなってくる」。

auのISシリーズに非AndroidなOS機再び。本日「Windows Phone 7.5」搭載の防水スマートフォン「Windows Phone IS12T(富士通東芝)」が発表されました。


田中氏は、Windows Phone 7.5について「パソコンのWindows OSとは全く違うユーザービリティ、クラウドとしっかり連携する。私はプロ、使ってみて最初の1日、1日半は非常に取っつきにくい印象だったが、だんだん気持ちよくなってくる。非常にスムーズに動き、SNSの世界もじわじわ気持ちよくなり、MSNのニュースやクラウドとの連携も気持ちいい。使い込んでいただくことをおすすめしたい。気持ちよさの先にスマートフォンの未来が見えてくるのではないか」などと話した。



 また、田中氏曰く「プロ好きの機能」も充実しており、SkyDriveやOffice連携など、ビジネスの現場でも使い易いものであるとした。同氏は「プロである私のレコメンデーションで使っていただきたい」などと語った。



*3社共同発表会、じわじわ気持ちよくなる「Windows Phone IS12T」 – ケータイ Watch


本体のサイズ/重さは約59(幅)×118(高さ)×10.6(厚さ※最厚部13.3)ミリ/約113グラム。IPX5/IPX8・IP5Xの防水・防塵に対応しているが、手にするとスマートフォンとしてはスリムで軽いと感じた。



*写真で解説する「Windows Phone IS12T」(外観編) – ITmedia


*「Windows Phone IS12T」ムービーレビュー、サクサク動作で非常に快適 – GIGAZINE





*Windows Phone Home Page


カラフルなボディカラーとメトロUIが印象的な「IS12T」。KDDI田中社長によれば最初は取っ付きにくいものの、使い込む内に軽快さと連携でジワジワ気持ち良くなってくるスマートフォンとの事ですよ。



タイル調UIはWindows 8やスレートPCでも踏襲されるそうなので、Android、iPhoneに対してWindows Phoneはジワジワジワと存在感を示してくるのではないでしょうか。とりあえずにはラインナップの充実と心地よさのアピールが求められますね。「IS12T」の発売は9月以降です!