auのARROWS Z ISW11F(富士通東芝)、初登場首位でiPhoneに勝利。

日本の全部入りAndroidスマートフォンが1位ゲット。
キャリア総合ランキング TOP10

1位 au ARROWS Z ISW11F

2位 ソフトバンク iPhone 4S(16Gバイト)

3位 NTTドコモ AQUOS PHONE SH-01D

4位 NTTドコモ ARROWS X LTE F-05D

5位 ソフトバンク iPhone 4S(32Gバイト)

6位 NTTドコモ Optimus LTE L-01D
7位 NTTドコモ GALAXY S II LTE SC-03D

8位 ソフトバンク みまもりケータイ 005Z

9位 NTTドコモ REGZA Phone T-01D

10位 NTTドコモ ARROWS Kiss F-03D

*携帯販売ランキング(12月12日~12月18日):国産“全部入りスマホ”が快進撃 au版iPhoneはトップ10圏外に ITmedia


NTTドコモの「ARROWS X LTE F-05D」は4位という結果。兄弟モデルとともに国産ハイスペックへのニーズはかなり強かった模様です。auではISW11Fに人気集中した形で、初登場で首位を奪取!目出度いぃ!なんて喜んでもいられず…せっかく獲得したアップルiPhone4Sがトップ10から消えてしまうという事態(笑、調整でもあるんでしょうか)。

auだけのランキングでは2、3位がiPhone 4S、4位ソニーXperia acro IS11S、5位京セラDIGNO ISW11Kという結果でした。DIGNOやau独自モデルで買いやすい価格になっているINFOBAR A01(auランキング9位)がもう少し奮闘してくれればau勢も盛り上がるのに…。さて次週以降はどうなりますでしょうか?アローズジーの人気は続くのでしょうか?