ウィルコムWX310J使用歴3ヶ月雑感シリーズ

正直申しまして・・・私の場合ウィルコムWX310Jはダブルホルダーの2番手ポジションであるという事、そして何より爆弾を抱えた端末であるとわかっていて挑戦購入しましたので、操作中もナンダカナァとぼやきながらもニタニタと「親指訓練」をこなしておるのですが・・・メイン端末として、プラス「特別な覚悟」もなく形の良いストレートだから購入、と単純に飛びついていたら・・・「なんじゃコノケータイ!」ってなもんでございますよ(笑)。。



あえてホットモックも触らず飛び込んだワタシク・・・いいじゃないですか、たまにカーソルが暴走していても。「指の状態って結構一定じゃないんだ」・・・「あ、俺、今アタフタしてる」・・・などという身体との対話と気づきを、何故にPHSを通して行わなければならないのでありましょう。



真夏とかどうなっちまうんだろと心配してみたりして・・・そんな事にニタニタするような層に買ってもらうビジネス、という意味での「ビジネスモデル」ならば日本無線さんの勝利。



ただ、やっぱり・・・左右動作もセンサーでやらせてしまうのは、かなりの酷ですゼ。せめて上下操作だけなら、ジョグダイヤルに変わるチャレンジとして面白い、というインプレ記事でもあがっていたかもしれませんけど、さすがに左右は。。。「赤黒悪童」バーサス困り果ててる若僧、といった図式。修行するぞ、修行するぞ・・・。