【打倒iPhone】KDDI役員高橋誠が語るau「LISMO」の優位性

さすが、我らがau!ぶっとぶよw

auの音楽配信サービスであるLISMO対応端末は稼働数1854万台と、幅広いユーザーにお使いいただいている。アイフォーンだと楽曲のダウンロードは無線LAN経由だが、LISMOは3Gのネットワークを使う。場所を選ばずにダウンロードできるし、最新楽曲数で優位性がある。



音楽業界はアップルが大好きだが、LISMOも応援してくれている。最近でもサザンオールスターズの歴代楽曲の「着うたフル」を展開しているが、ものすごい人気で、これまで触れたことがない人が来ている。



LISMOの課金は1曲420円だが、iTunesでは99セント。音楽の価値が4分の1と評価されているわけだ。



権利者の価値を大事にしたいという思いが強いところは、LISMOのビジネスモデルを高く評価してくれるはずだ。

*打倒!”ソフトバンク”iPhone--ドコモ、auの戦略(東洋経済オンライン)



*LISMO!|au by KDDI


ポカーン…あっち向いてアシストw 「音楽業界」もそっとしておいてよと困り顔でしょう。対ソフトバンク、対iPhoneの戦略を聞かれてるんですよねこれ?経済誌のインタビューとは言え顧客目線無さ過ぎ…。



もぉぉ、この人にスイッチが入ってからauはろくな事がないような…今後も期待薄を感じさせてくれましたよ…トホホ。。。



TB

*au「LISMOは1曲420円、iTunesは99セント(約106円)。LISMOの方が権利者を大事にしている」(痛いニュース)