Apple「iPhone Mini」、2014年か2015年に発売?

サムスン対抗でiPhoneにもMini?…あくまでもアナリストの予測。
サムスンがAppleよりも優勢とされる主な理由は同社がAppleより「多くのセグメントで活動している」ことで、そのおかげで同社は「Appleよりも多くのシェアを獲得」できると、Mawston氏はReutersに対して述べている。
~略~

「われわれの考えでは、現行のiPhoneを購入する余裕のない世界中の何億人ものプリペイドユーザーに対応するため、Appleは今後3年間のどこかの時点でiPhone Miniを発売せざるを得なくなる。急速に販売が拡大しているiPhone 5が当面は大きな利益をもたらしているため、Appleにとって利幅の薄いiPhone Miniを2013年中に発売する動機はほとんどない。われわれは、iPhone Miniの登場時期は2014年になる可能性が高いとみている。2014年には世界中のポストペイドスマートフォン市場におけるAppleのシェアがほぼ飽和状態となり、同社は他の領域で新たな成長への道筋を見出す必要に迫られるだろう」(Mawston氏)
「iPhone Mini」、2014年に登場か–アナリスト予想 (CNET Japan) – Yahoo!ニュース
iPhone5の人気持続で2013年はないだろうけど、いずれ廉価版はアリでしょという予測。質だけでなく更なるシェアを求めサムスンを叩きたいなら様々なタイプを用意したいところ。みんなに行き渡って商品が成熟するとあとは価格競争になってきますから、その時点で「ミニ」が有利となれば出てくるのではないでしょうか。サムスンやインテル主導の新OS「Tizen(タイゼン)」スマホが、どれくらいの競争力をもっているのかも気になるところです。