【電子ブックkobo騒動】楽天三木谷社長「騒いでいるのはせいぜい2000~3000人」。

初期設定の難しさを除けば95%の人がちゃんとできてるから、問題ないってさw

――対応を終えた後もインターネット上での騒ぎが収まっていない。



三木谷:時間の問題じゃないでしょうか。実際に騒いでいる人の数を数えると、まずたいしたことないと思いますよ。騒いでいるのはせいぜい2000~3000人でしょう。致命的な問題があった訳でもないし、コンテンツの売り上げは「超」がつくほど順調ですし。反省すべき点がゼロとは決して言いません。しかし、問題点にきちんとスピーディに対応できたし、これは大成功だったと思います。



――どのくらいのコンテンツが売れているのか。



 うーん、私の本は1000冊以上売れていますね(笑)。恐らく1人が月間で4~5冊は買うだろうなというペースです。月間で30万冊くらいでしょうか。始めたばかりということも加味した上での数字ですが。とりあえず出版社に取材してみくださいよ。彼らは(始める前と後で)180度感触が違うから。「こんなに売れているのになんでみんな細かい話で騒いでるんだよ」という感じでしょうね。楽天市場の売り上げも非常に好調。これはシナジー効果が非常に高いんだなと感じています。





*細かいことで騒いでいるのは少数派ですよ:日経ビジネスDigital


一連の問題について、ハード販売に不慣れだったからとか、経験がなかったからと言い訳するつもりはありません。各方面からサポートをいただきましたし、経験のなさは認めながらも、どうすればベストの状況にできるかを力を入れてやっていきます。



 販売台数は公開できませんが、多くのお客様にご期待いただいていると実感できる台数です。これから市場を作っていけると手応えを感じています。ゆえに、一連の出来事については、大きな責任を感じております。





*「大きなミスを犯してしまった」――楽天koboに何が起きたのか – ITmedia ニュース


とりあえず日経ビジネス読んできてください。いろいろカチンとくると思います。一方、担当執行役員の方は平謝りの記事。会議で「俺がヒールやるから、お前は徹底して謝れ。これが炎上した時の最善テクニックな」なんて英語でやってるかと思うとさらにムカムカ(笑)。





ちなみに、危機感あるのか楽天のkoboショップはアフィ料率を1%から20%へと大幅にアップ開始。手のひら返して褒める記事の方が良かったかなぁw