ドコモ加藤薫新社長、「7分の完成度でお客様に問いかけて、お叱りを受けながらサービスを完成させていく」

ドコモ版iPhoneについては「金輪際という訳ではない」との事ですが…。
docomologo
加藤新社長は自身の経営スタイルについて「スピード重視の経営を心掛ける。社員には『7分(70%)で良し』と言っている。時間を掛けて手垢の付いたものを出すのではなく、7分の完成度でお客様に問いかけて、お叱りを受けながらサービスを完成させていく」と説明した



~中略~



山田隆持前社長との戦略に違いについては「何も変わらない。私自身が経営企画部長として中期経営計画を策定したので、変える方がおかしいと思う」とした。会見時のファッションもダークスーツに赤いネクタイという山田前社長と同様のスタイルで、“従来路線引き継ぎ”という印象の強い社長就任会見だった。



*「現状は85点。戦略は何も変えない」、NTTドコモ新社長会見 ITpro


新体制でのiPhoneの取り扱いについて加藤氏は、「基本的には(前社長の山田氏の体制と)あまり変わらない。iPhone、iPadというのはとても素晴らしい端末だと思う。とは言いながら、私どもはキャリアとして一定のリードをしてきたという意味において、次の成長は『クラウド』と『端末』といっている。マルチないろんな形の端末とクラウドの相まったサービスを展開したいため、それが1つにセットにされているものが、特にドミナントになるのはあまり好ましくないと考えている。ラインアップの1つとしてはぜひ揃えたいとは思うが、なかなか条件が整わないのは事実」と語り、引き続きAndroidを中心としたラインアップを揃えていく意向を示した。



 ただし、ドコモとして今後もiPhoneを取り扱わないということではないとし、「条件が変わってくれば、金輪際という訳ではない」と語った。



*ドコモ新体制でiPhoneの発売は?–加藤社長がコメント CNET Japan


新社長は現在のドコモを「80点から85点」と採点。従来路線を7分の完成度で叱られながら進むスピード経営!意地悪く文字通り受け取るとお客様からの採点は厳しくなるような気がするのですが…w ドコモ版iPhoneもよっぽどの事がない限り取り扱いは無さそうですね。