ソフトバンク、固定とスマートフォンの複合料金サービスを検討。

昨日の第3四半期決算発表にて。
auが固定網とセットでスマートフォンの利用料を割り引くサービスを発表したことに対し、「固定とスマホの複合料金サービスは検討しており、近い将来発表できると思う。ただし、KDDIの割引はユーザー獲得にはほとんど影響しない。当社の調査では、誤差程度、数%の影響だとみている。対抗上、同じようなものは提供するが、騒ぐほどの数に影響するものではない」と市場全体への影響度は低いと評価。

 ただ別の質問でFMCに関して尋ねられた孫氏は「ソフトバンクとしてさまざまなパッケージングをやる。1世帯あたりでどのくらいAPRUを得られるか。固定や無線、コンテンツ、サービスとさまざまなパッケージでサービスを提供したい」とも述べていた。

*ソフトバンク第3四半期決算、「2016年度に営業利益1兆円」 ケータイ Watch


auスマートバリューに関して「誤差程度」「騒ぐほどの数に影響するものではない」という評価のソフトバンク孫社長。なら放置しとけばいいじゃんかとも思いますが、そこはやはりしっかり対抗してくれるみたいですよ~。どんな回線でどこまで値引いてくれるのか…条件・注釈の数とともに注目したいです。