au田中社長「他社に先駆けてやる、ということがKDDIの本分だと思うのです。」

2012年のKDDIは「ゲームチェンジ」?!

田中氏 僕は合併以降10年のKDDIを見てきて、KDDIの競争優位性とは何かと考えてきました。我々がよかった時は何が奏功したのかというと、他社に先駆けて3Gを導入し、他社に先駆けてフラットレート(パケット通信料の定額制)を始めたこと。他社に先駆けてやる、ということがKDDIの本分だと思うのです。



 そのような視点から今後を見ますと、マルチな世界に行くのは明らかです。3Mの世界を他社に先駆けて切り拓き、ビジネスチェンジをしていきたい。今までの(携帯キャリアの)やり方から、ビジネスモデルを変えていきたい。KDDIの考えるスマートパイプの在り方とはこうだ、ということを示したいですね。





*新春インタビュー:3M戦略を具現化し「ゲームチェンジ」する2012年――KDDI 田中社長に聞く ITmedia


就任1年目、先ずはauモメンタムを回復。2012年はマルチネットワーク、マルチデバイス、マルチユースの「3M戦略」がフェイズ1からフェイズ3へといよいよ具体的な形として出てくるんだそうですよ。なんだか私には難しそうな話ですが(笑)、「他社に先駆けていきますのでご期待ください」との事ですので、どんな仕掛けがあるのか大いに期待しちゃいましょう。他社に先駆けて定額制やめます、とかそういうのは勘弁してくださいねw