【ステイン問題】ペンタックス、「K-5」のイメージセンサー汚れで無償対応。

実は発売日に購入していまして(笑)…今週はこのニュースリリースにほっとした次第。


汚れが付着している可能性があるのは、K-5初期出荷品の一部。製造工程において、イメージセンサーとローパスフィルターの間に付着したもので、撮影画像に、まれに水滴状の像が出るという。ダストアラートでは検出されない場合があり、一般的なクリーニング方法では除去することができないとしている。



*ペンタックス、「K-5」イメージセンサーの汚れについて言及。無償修理で対応 – デジカメWatch





*PENTAX K-5をご使用のお客様へ – PENTAX



ペンタックス K-5


一時期はこのステイン問題で大賑わい。店舗で得た好フィーリングのままに最低価格と評判に後押ししてもらおうと価格コムや2ちゃんねるを覗こうものなら…とてもではないけどおっかなくて手が出なかったという方も、この正式見解リリースで買いやすくなったのではないでしょうかね。その間値段も下がった事でしょうし。



私は、いてもたってもいられず発売日に先ずボディをゲットしたのですが、今のところ問題無し、そして性能に満足。そもそもここまで絞り込みませんし。とはいえ内心はペンタックスへの信頼性という意味でもきちんと見解を出しての対応にホッとしておりますよ。いや、当たり前なんでしょうけどね…このまま都度に対処で無視を決め込むようなムードも感じておりましたので…。



まぁ最初からちゃんとしたものを出荷しなくてはダメですよね。イイモノ創るのに量産でダメ、なんてイメージがつくと弱小にとっては辛いものがありますから。あ、ほんとモノはいいですよ!上品な旅カメラといった感じです。