【シェア】Androidスマートフォン、初の世界首位!

Google32.9%、Apple16.0%「WindowsPhpone7」のマイクロソフトは3.1%という結果に。
アメリカの調査会社Canalysが発表したプレスリリースによると、2010年第4四半期の全世界のスマートフォン市場において、Androidスマートフォンの出荷台数が3290万台に達したそうです。



これは携帯電話メーカー首位のNOKIAが提供しているプラットフォーム「Symbian OS」を採用した携帯電話の出荷台数である3100万台を上回るものとのこと。



しかしながらAndroidスマートフォンの出荷台数は複数のメーカーの出荷台数の合計値なので、スマートフォンメーカーとしては依然としてNOKIAが首位だとされています。



プラットフォーム別のシェア。Googleが32.9%でNOKIAが30.6%、Appleは16.0%、そしてBlackBerryで知られるRIMは14.4%、「Windows Phpone 7」を立ち上げたマイクロソフトは3.1%となっており、スマートフォン市場自体は前年同期比88.6%の急成長を遂げています。


*Androidスマートフォンのシェアが全世界1位に、iPhoneもSymbian OSも抜き去る – GIGAZINE


四半期の調査となりますが…とりあえず初の首位をゲット!Androidもそうですがスマートフォンの拡大ぶりには目を見張るものがあります。MSもこのまま推移とは考えづらく激しい闘いは続きそうですね。



我らがauはCMで嵐にこの世界首位のニュースを伝えてもらってはどうでしょうか。そして最後に「Android au」とやる…うぅぅん、一番遠い庭で商売しておいて姑息w