【テザリングの意味】au、「デザリングケータイ」「デザリングスマフォン」を商標出願。

「テザリング」ではなく…KDDIが2月に「デザリング」という単語で商標出願していたんだそうで…。


国内初となるWiMAX対応のAndroidスマートフォン「htc EVO WiMAX ISW11HT」の登場で、携帯電話端末を経由してパソコンなどをインターネット接続する機能「テザリング」に注目が集まりつつありますが、KDDIが「デザリング」という単語の商標出願を行ったことが明らかになりました。



*KDDIが「テザリング」ならぬ「デザリング」を商標出願、「デザリングスマフォン」というフレーズも – GIGAZINE





*KDDIがデザリングスマフォン等4つの商標を出願 – あんどろいど速報


テザリングとは、携帯電話の中でも主にスマートフォンを、他の携帯電話回線に接続できない機械(たとえばモバイルPCなど)のモデムとして使い、インターネットへ常時接続させること、またはそのような機能のことをいいます。



*第434回:テザリングとは – ケータイ Watch





ユーザー側としては別途データ通信専用にデータカードを入手、新たに契約を結ぶことなく、電話機による接続のみでパソコン等でのモバイル通信が可能になるメリットがある。しかし携帯電話事業者から見れば、通常携帯電話やスマートフォンに比べ、パソコン等で送受信されるデータの量は多いため、回線を占有される。また、データ通信が定額制になっていることから、利用するデータ量が多ければ多いほど事業者の利用料収入に影響が出る。こうしたことから事業者によって、公式にテザリングを認める事業者とそうでない事業者とに分かれている。



*テザリング – Wikipedia


「テザリング」の方は、サネシスという会社が2003年8月に医薬分野用として商標出願しているんだそうです。KDDIとしては紛らわしいのが出てこない用に取っておくという感じなんでしょうか。ようわからんですね…デザインスマホとかけて?まさかぁ…若干嫌な予感がしないでもないですが。



ちなみに私は当初「デザリング」だと思ってましたし、「デザリング」の方が力強い輪っかみたいなイメージで好きなのですが(笑)、気づかず使っていては後から赤面なのです。「テザリング」は縛る、繋ぎ止めるといった意味の英単語「tether」からきているのだそうですよ。