【池袋から運用】SoftBank「ダブルLTE」でiPhone 5が快適に

ソフトバンクの「LTE」プラスイーモバイルの「LTE」=「ダブルLTE」、を本日から開始。
SoftBank
「ダブルLTE」によって、ソフトバンクモバイルが2.1GHz 帯で展開するFDD-LTE のネットワークに加え、イー・アクセスが1.7GHz 帯で展開しているFDD-LTE のネットワークを、SoftBank 4G LTE に対応するスマートフォンなどで利用できるようになります。「ダブルLTE」では、混雑状況に応じて自動的に最適なネットワークを選択するため、より安定した快適なLTE の通信サービスをお客さまに提供できるようになります。

なお、「ダブルLTE」は都内の一部地域から開始し、全国に順次拡大していきます。「ダブルLTE」によって、2014年3月末にはSoftBank 4G LTE に対応した基地局が3.8万局になる予定です。

「ダブルLTE」を3月21日より提供開始します | ソフトバンクモバイル
Android端末については、今後1.7GHz対のLTEに対応するモデルが登場すれば、対応する計画だが、あくまで中心に据えられているのはiOS対応端末。Android端末はこれまで同様、AXGP対応端末を供給していく方針。

 ソフトバンクでは、ネットワークが混雑している東名阪エリアなど、都市部を中心に対応エリアを拡大し、2014年3月末までに3万8000局までエリア拡大する計画。また、2013年夏頃には、イー・モバイル側でもソフトバンク網が一部利用できるようになる予定。

ソフトバンクが「ダブルLTE」発表、都市部からサービス開始 – ケータイ Watch
あらたにネーミングしてみて説明会見までやるのが、いつもの孫さんスタイル。ソフトバンクiPhone5やiPad mini、iPad使いさんは確実に快適になっていきそうですね。アップデートとかも無しで、自動で空いてるほうを選択してくれるそうですよ。一方イーモバイルLTEのモバイルルーター使いさんは…軍門に降った現実をまざまざと体感することになったりして。混んでるところ程影響ありそう。