【MNO】楽天モバイルが、自社回線への移行予定・対応スマホを案内



楽天モバイル:自社回線への移行について
Q. 「自社回線」(MNO)非対応製品でも今後利用可能に変更されることはありますか?
A. ソフトウエアアップデートの提供予定がないため、非対応製品のままです。

Q. 「自社回線」(MNO)非対応製品を購入しましたが、対応製品に交換できますか?
A. 申し訳ございません。返品および交換はお受けしておりません。


自社回線(MNO)への移行について


現在ドコモ・au回線を利用する楽天モバイル(MVNO)が、自社回線(MNO)への移行予定を案内しています。



自社回線への移行時期は、2019年10月以降順次。



これから新規で申し込む方(2019年3月14日10:00以降)には、2019年10月以降に専用SIMカードを順次送付。SIMカード交換後も契約中のプランや最低利用期間は引き継ぎ。また、SIMカードを交換しない場合でもMVNOのネットワークを利用可能との事。



現在楽天モバイルを利用中の方の詳細は、「改めてご案内」。



自社回線に対応する製品は(3月14日時点)、SHARP製が「AQUOS R2 compact SH-M09」「AQUOS sense2 SH-M08」「AQUOS sense plus SH-M07」「AQUOS R compact SH-M06」「AQUOS sense lite SH-M05」の5モデル。HUAWEI製は「HUAWEI nova lite 3」のみ。OPPO製は「AX7」「R17 Pro」「Find X」の3モデル。ルータはNEC製「Aterm MR05LN」、となっております。


国内における絶対的な顧客基盤と『楽天スーパー・・・